1000回目の正直

人様の楽しみを批判するつもりはないのですが、
個人的に「スーパームーンだから撮る」みたいなのは好きじゃないのです…

New55 FILM

  ネット上でプロジェクトの資金調達を行うサイト『kickstarter』で 数年前から開発が進んでいた「New55フィルム」発売のための資金が募られ、目標額の$400,000を達…

Face The Music

  VIA BUS STOP 博多リバレイン店の 吉田淳二氏が主催・演出する ジャン=ポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)のファッションショーを撮影した。 昨年…

雨の太宰府

企画展『偏愛図鑑』の会期中、わざわざ千葉から出展してくださった写真家の神崎氏と、学問の神様・菅原道真で有名な太宰府天満宮に行ってきました。

中判デジタル

ずっとフィルムを使い続けてきたのは、フィルムが好きだという理由ではなかった。
そう、すべてはフォーマットの大きさに起因する…

『色のないポートレイト展』

博多リバレイン イニミニマニモB1F ジュエリーショップ『ASTROPHYTUM』にて開催してきたロングランの写真展が無事に終了しました。なんと、準備期間はたったの5日。ギャラリーとしての設備が一切なく、人通りも比較的少ない場所での…

格安レンタル・スタジオ

大名にあるレンタルスタジオ『studio ef』を利用してみた。
マンションの1室を改造したスペースではあるけれど、平日はかなりお安く利用できる。
天神からほど近く、利便性の良い撮影場所を見つけたいという思いも…

柔らかさとシャープさのあいだ

この6×4.5版のネガを現像して、その溢れんばかりの優しいトーンに驚いた。確かにアマいのだけれど、芯はきちんとあって心地よい。
レンズの設計思想によるものだろうか。

ときにはマキナの話を。

マキナ67で検索されている方が多いようなので、たまにはマキナで撮った写真を。
ライカと同じくらいよく使っています。

作品とはなにか。

ある土曜の午後の記憶。
この場所で幼女が家族に連れられてこの場所を訪れた記録。
カモメに餌を投げている瞬間、僕が二眼レフを持ってそこにいたという記録。
この写真は「記録」でしか…

距離感

いつだって心を動かすのは、そこに在る距離感であり関係性である。
広告写真とは対局にある、心がざわつくような写真が撮りたい。

小さな三脚

9月の入院中、1,436円という価格に釣られて、特に必要性を感じていなかった三脚を買ってしまった。ゴリラポッドを除けば、これで4本目。

他人の眼を通して “見る” こと

恥ずかしながら、今日まで「眼が見えない人が写真をどう捉えるか」考えたこともなかった。増してや、眼が見えないのに写真を撮るだなんて、想像の範囲を超えていたと言っていい…

Aero-Ektar 178mm f2.5 エアロエクター

GRAFLEX SPEED GRAPHIC : Kodak Aero-Ektar 178mm f2.5, ILFORD HP5+(1/3段増感) 三脚使用 F2.5解放 1/30秒
何本かのレンズを売却して入手したエアロエクターの試写…

標準レンズの条件

1. ちゃんと写ること
2. 操作性が良いこと
3. コンパクトであること
4. かわいいこと
5. 写り過ぎないこと

デジタル赤外写真入門。

ケンコーから発売されたPRO1D R72を購入。約6千円也。
M8.2にSWH15mmを着けてデジタル赤外写真にトライしてみました。

とりあえずの試し撮りなので、ピントは適当(無限よりちょっと手前)で…

ゾナーの逆襲

Twitterでいただいた情報を元に、普段はKiev88CM用として所有している Carl Zeiss Jena Sonnar 180mm F2.8(以下ゾナー)を、ペンタックス6…