花の名前がわからない。

4月も今日で終わり。緊急事態宣言が出るなど、怒涛の1ヶ月でした。 仕事は激減、プライベートは地に落ちる。 それでもツバメたちはせっせと子育てにはげみ、庭のお花は陽の光を受ける午前中…

サクラ

早朝から糸島市の公園をひとりで散歩して来ました。 まだ薄暗いのにウォーキングをされている方々と、距離を取りつつ「おはようございます」とすれ違う。 桜を入れた家族写真や、桜をテーマに…

夕方の海

雨天の海は人が少ない。 ましてや夕方は貸切状態になり、より海を感じられる。 どれだけ家族や友人を愛したとしても、結局のところ人間は独りだと思う。独りで生きる人間が複雑に影響しあうか…

猫の日常を撮る。

昨年7月。タマに腫瘍ができる前の写真。 術後も今のところ順調で、めちゃ元気です。 ずっと一緒に暮らしていると猫の写真を撮らなくなってくるけれど、時間は有限。ただ可愛いとかじゃなくて…

原動力

スタジオ撮影の合間、次の子のメイク中に抜け出して撮影。 久しぶりに野外での作品撮りでした。 モデルは田中春花さん(21) 自分が21歳のころは本当ロクでもない感じでしたが(今もか)…

兆し

一進一退の日常。我が家のツバメたちが帰ってきた。 もう巣の補修や再建にとりかかっていて、仕事の速さに舌を巻く。 (ほんと見習いたい) まだ6羽くらいだけど、明日からは大合唱で起こし…

流れ

いい思い出は、いつも苦い思い出とセット。
世界中が新型コロナの影響で混沌としていますが
今回はウイルスより人間が怖い。

こんなときだからこそ、流れに身を任せ、極度の人混みを避けつつ、いろんな景色を見て回りたい。

ピンチはチャンス。視点を変える好機かもしれないと考え、いつもカメラを持ち歩くようにしています。

3月モニター価格のご案内

3月は暇なのでモニター様を募集します。 新型コロナウイルスの影響で様々な影響が出ているかと思いますが、正しく恐れ、元気に生活していきたいものですね。 ◎家族の記念日をきちんと残した…

町歩き

趣味で写真を撮っていたころは、 とにかくカメラを持ち歩いて日常的にたくさん写真を撮った。 カメラはライカかマキナ67。なるべく人間を入れるか、人を感じさせる空間を撮影した。日常がす…

36

求める距離感、目指す方角、嘘のない道。 人生は厳しく、まだまだ、これから。 36歳最後の日。

影響

例えば、どんなに優秀な大御所カメラマンであっても、写真は『今』しか撮ることができない。そこにないものは撮影できないし、その場に行かないと撮影できない。 これが写真の特性ゆえに、新型…

表裏一体

物事は様々な局面をみせる。 良い悪いを判断するのは人間の勝手でしかなくて 実際はほとんど同じことだったりする。 何が起きるかよりも どう捉えて、どう動くかに集中したい。 *  * …

愛猫タマその後

令和2年2月22日なので、たまにはウチの子の話題を。 年始早々、タマ殿(メス8歳)の腫瘍摘出手術が無事に完了しました。 妙な突起を発見して3ヶ月あまり。瞬く間にかなりの大きさに腫れ…

忍ぶ冬

めまぐるしい毎日。 最優先事項に集中しつつ、仕事もやるべきことが山積。 今が正念場だと決意を新たにしつつ 思考が凝り固まらないよう あてもなく車を走らせ写真を撮る。 いい光を探し、…

愛宕神社から見る

ブログを書き始めて最初の投稿が2010年の1月4日。 そのときアップしたのが愛宕神社から福岡タワー方面の写真。 (2009年の1月4日撮影とある) ふと思い立って昨夜遅くに愛宕神社…

季節物

2月14日。今年もこの季節がやってきました。 そう、確定申告です。 毎年ギリギリになっている僕には珍しく 今年は早めにと入力を済ませ、あとは確認して出すだけ。 しかし、数字で現実を…

Test Shooting

たぶん、一般社会では馴染みの薄い 『作品撮り = Test Shooting』という言葉。 作品撮りとは、基本的にはモデルやヘアメイクも含めて無償で行う撮影を指すもの。この場で仕事…

自由。

違う業界の人と話していると、様々な気づきがある。 自分の常識は他人の非常識。 自分がAであったのと同じ理由で、他の人はBだったりCだったりする。 それぞれが違う価値観で動いているの…

2020プロジェクト

昨年立ち上げたもののストップしていた『花衣』のプロジェクトを、今年こそ活性化させたいと月イチで撮影することになりました。 なかなかスケジュールが合わず、協力してくださるヘアメイクさ…

年始を小倉で迎えました。

令和元年も終わり、2020年もはや1ヶ月。 今年ははじめて新年を小倉の街で迎えました。 小倉は前撮りの仕事等で数え切れないほど訪れていますが、知っているようで何も知らず、意味もなく…