作品とはなにか。

ある土曜の午後の記憶。
この場所で幼女が家族に連れられてこの場所を訪れた記録。
カモメに餌を投げている瞬間、僕が二眼レフを持ってそこにいたという記録。
この写真は「記録」でしか…

距離感

いつだって心を動かすのは、そこに在る距離感であり関係性である。
広告写真とは対局にある、心がざわつくような写真が撮りたい。

撮る機会

もっともっと写真を撮る機会を増やしたい。 (機械ではなく)  

太郎丸界隈

    できることなら、楽しい人生にしたいと思う。  

理由

なぜ、自分の写真がつまらないのか。 なぜ、デザインすることが億劫なのか。 なぜ、今の自分をつまらないと感じるのか。 ガタガタ言ってる時間がもったいない! 好きなことを、好きなだけ追…

原点回帰

初めて買った中判カメラが戻ってきた。

フィルムで写真を撮り始めた5年前の夏。 とてもつらい時期だったと思う。 僕が「人物写真」を好むのは、他者そのものが写るから。 要は、自分を見なくていいからだ。 写真は簡単に嘘をつく…

記録

僕は現在、デザイナーと呼ばれる職についている。
自分にとって、仕事としているデザインは「作品」ではない。
デザインは“他者”であるクライアントのためのもの。
すべては役に立つかどうかだ。

道化師

何でもないこと。 とんでもないこと。 どちらにしろ同じこと。  

もっと。

もっと強くなりたい。もっとタフになりたい。 もっとずうずうしくなりたい。 もっと人の痛みが分かるようになりたい。 もっと鈍感になりたい。もっと意地をはりたい。 もっと話しが聞きたい…

写真が撮りたい!

いつでもカメラを持ち歩いてはいるけれど ここ2週間は抜け殻のようで、好きな小説さえも読んでいなかった。 原因がはっきりしているだけに、そろそろ切替えの時期だ。 すべてを糧に、また人…

田舎

カメラを1台だけもって田舎を歩くのは、嫌いじゃない。

はたらけ

はたらけはたらけはたらけはたらけ。自分。

時にはポジの話を

2年くらい前だと思うけれど、これが最後に撮ったボジフィルムの1コマ。
たまにはポジで撮るのもいいかなぁ。

三姉妹

ウチのばーさんとその妹。他にも男二人、女一人いる。

あいまいさ

物事には、それにふさわしい時期が存在する。あのころだからできたこともあれば、今だからできることもある。見えていたものが見え…

Rolleiflex 2.8C

いつだったかは正確に思い出せないけれど、二眼レフに魅せられていた僕は、ついに禁断のローライに手を出した。Rolleiflex 2.8C…

きしみ

いまはない旧母屋と高校時代の筆跡。 この階段はいつでもミシミシと音を立てていた。

二眼レフと僕。

うちのじーさんと、長女、そしてばーさんの妹。 毎日のように二眼レフを振り回していたころの写真。 自分の写真に嫌気が差すのは毎度のことだけれど、 撮りつづけることは決して無駄ではない…

夕焼け空

MAMIYA C330 + MAMIYA SEKOR 105mm DS F3.5 + PROVIA100F

近所の子どもたちがバーベキューをしているようで
楽しそうな声がひっきりなしに聞こえてくる…

Primoflex

一度友人に売り、後に買い戻した二眼レフ「プリモフレックス(Primoflex)」。
ボケ味に癖があり、前玉の拭きキズのせいで、かなりのフレアを伴う…

OLYMPUS FLEX

少し前までは中判のフィルムカメラばかり使っていました。特に二眼レフは安いので何台も持っています。一番使うのは…

アートディレクター

<Creativeroom ERNEST アートディレクター 井上勝義> Q.大切にしたい3つのこと ・森羅万象の命(家族はもとより生きとし生けるものすべての) ・思い(俺なりの筋…

MAMIYA C330

生まれて初めて買った中判カメラ・マミヤC330。1本目はスタートマーク合わせを知らず、10枚しか写っていなかった。 <愛猫リンと> 2006年7月 Mamiya C330 + Ko…