記録


僕は現在、デザイナーと呼ばれる職についている。
自分にとって、仕事としているデザインは「作品」ではない。
デザインは“他者”であるクライアントのためのもの。
すべては役に立つかどうかだ。
「作品」と呼ぶのなら、それはクライアントの「作品」。

写真に関しても、僕にとってはただの「記録」でしかない。
(同時に、代え難い大切な「記録」でもあるが)

「なんとか被災地の役に立ちたい」と考える写真家さんたち。
あるいはそれが、誰かの役に立つことはあるかもしれない。
いや、きっとあるだろうと思う。

ただ「写真のチカラで東北を救おう」というコピーを見て
これがまかり通る世の中を残念に思った。
少なくとも写真を売ってできたお金は役に立つだろう。
なにもやらないよりは、余程立派だ。尊敬に値する。
しかし「救う」だなんてどうかしてる!
 

Photographer

富永 秀和のアバター 富永 秀和 Photographer

1983年福岡生まれ。グラフィックデザイナーから転身した職業フォトグラファー。2013年に中古購入した中判デジタルでその表現力の虜となる。福岡のシェアスタジオで経験を積み2022年に上京。
40歳で総合格闘技(MMA)入門。