年の瀬 2012

年の瀬
 
2012年の年の瀬。
今年はチャレンジの年であり、あまりに多くのことを痛感する一年になった。

数少ないとはいえ、チャンスに飛び込み、批判の矢面に立つという点では、目に見える成果があった。自分自身が求める方向を確認できた面でもプラス。しかしその過程では本当に何度も打ちのめされ、必死で改善を試みるもペースが追いつかず、最後まで周りに迷惑をかけ通しだった。製作物や作品のクオリティにもそれが反映されてしまっている。惨めながらも何とか生きていられたのは、一重に心ある人達の支えによるもの。
 

会社組織に属していたら決して体験することがなかったであろうストレス(もちろん代わりに得られるものとのトレードオフ)。先へ進んで行くためには、仕事でもプライベートでも、恩を受けるばかりではお話しにならないのだ。
 
 

そんなわけで、2013年に向けて根深い課題がある。
ただ昨年までと違うのは、具体的にその課題が見えていること。失敗の痛みが成功に繋がると信じられること。

それに何よりも、代え難い多くの出会いがあった。
中学三年以来はじめて、迷うことなくこう言える。
 

今年はいろいろ大変だったけど、楽しかった!

 

皆様どうぞ来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。m(_ _)m
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です