PROFILE

富永秀和 Hidekazu Tominaga

富永秀和/Hidekazu Tominaga

Photographer
b.1983 / Fukuoka

スタジオ撮影をメインとする職業カメラマン。
グラフィックデザイナーとして7年間の勤務を経て独立。業務内容を写真に絞り、2016年からはフリーランス・フォトグラファーで構成される『サムライスタジオ』に加入。
人物撮影&商品撮影の傍ら、人間の多様性をテーマに作品をつくりつづけている。
ライフワークとして様々な職業を持つ手のポートレート「interface」、毎朝夜明けの空を記録する「朝の定点観測(2011〜2022)」等。

経歴

20126年間のグラフィックデザイン経験を経て独立
2012PAVEL COLLECTION Vol.1 コレクション撮影
2012まちなかアートギャラリー福岡2012出展(福岡市文化芸術振興財団賞受賞)@七つの知恵の実
2013個展『色のないポートレイト展』
2014企画展『偏愛図鑑』主催
2015写真展『interface』(2人展・ソラリア・パークサイドギャラリー)
2015ASTROPHYTUM ART(WEB)全撮影
2016サムライスタジオ加入
2017Bellydance Shooting Fukuoka を立ち上げ
2019倉崎リオ写真集『ネギちゃんねる』(デジタル出版)
2021サムライスタジオを離脱
2022上京し、東京での業務を開始。
2022夏目江李写真集『ありきたり』(デジタル出版)