籠ノ鳥

katsuki
個人的に、寒いのはキライではない。
寒いと色々な意味で景色が変わり、時間の存在を強く意識する。

上の絵は、ある知り合いの女性が描いたものだ。
(彼女は左手で絵を描き 右手で文字を書いた)

普段は見えづらい「籠」のカタチをイメージする。
もちろん便宜上カタチを与えているに過ぎないのだけれど
1マスづつ違うはずの景色が、僕にはまだ見えていない。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です