8月の終わり

基本的には、僕はストレスをためない方だと思う。
感じないわけじゃなく、ためない方法をずっと模索してきたから。

でも、極度の場合はそうもいかない。
世の中には、思考が停止している人間がたくさんいて、
その無能さを周りにまき散らし、グループを形成して己を正当化している。
昔から感じつづけてきた激しい怒り。

何もしない人間には、他人を責めたり笑ったりする資格はないのに。

しかし、それに腹を立てるのは馬鹿げていると思い直す。
かつて「ピーターの法則」が書かれたときから、そこに腹を立てるのは時間のムダだと立証されているから。それこそ、その辺のノラ猫に道を尋ねるようなものだ。
(映画の中であれば、案内してもらえることもあるかも知れない)

今月は興味深い本1冊と、面白い小説1冊に出会うことができた。
素晴らしい出会いに感謝。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です